Top >  美肌関連 >  皮膚の構造から見たフェイスケアとは

皮膚の構造から見たフェイスケアとは

老化によるしわやたるみといったものは皮膚の水分が減少することや、紫外線により真皮の構造がこわれてしまうことによるものです。
また、肌のターンオーバーの周期が減少してしまうことにより、古い角質が残りやすくなってしまいます。
そのために心がけるべきことは、まずは皮膚のバリア機能を守りながら清潔にするという外側からのお手入れなのです。
皮膚のバリア機能を守りながら清潔にする・・・ここで大切なのは洗顔の方法です。
肌を滑らかに整え、大切な水分の蒸発や病原体などの侵入を防ぐ役目を持つ皮脂までも取り除いてしまうようなアルカリ性の洗顔料やクレンジングは有益な皮脂バランスを崩してしまいますので、注意が必要であるといえるでしょう。
次に乾燥から肌を守るための保湿です。ローションで潤いを与え、ミルクローションやクリームで水分を閉じ込めます。
しっかりと真皮にまで働く化粧品を選びましょう。

 <  前の記事 生き生きとした肌を維持するためには  |  トップページ  |  次の記事 外側からのケアと内面からのケアとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15927

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美肌 ~きれいな素肌を目指すために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。