Top >  美肌関連 >  しわが出来る原因とは

しわが出来る原因とは

30代半ばになるとターンオーバーの周期は50%も遅くなるといわれています。
表皮性のしわは、目の周りなどにできる小じわなどがあります。
皮膚が乾燥して角質層に以上が生じて、角質の剥離が正常に行われないと浅いしわの原因となります。
このような小さなものは、一時的に乾燥が繰り返されることでできていきます。
また、真皮性のしわに比べると比較的改善が早いので、早めの対応と原因である目元の乾燥に日頃から気をつけていれば大丈夫でしょう。
真皮は最も厚く、皮膚本体であるといっても過言ではありません。
皮膚が老化すると、皮膚の構造が乱れ機能が低下します。
主な真皮の成分であるコラーゲン量は年齢とともに減少していくのです。
また、繊維芽細胞や肥満細胞の数も減少してしまうのです。
真皮ではコラーゲン繊維が網状に交叉する部位に弾性繊維がからんで、伸縮性を保ちながら固定して、ハリを保っています。

 <  前の記事 ターンオーバーのサイクルとは  |  トップページ  |  次の記事 生き生きとした肌を維持するためには  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15925

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美肌 ~きれいな素肌を目指すために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。