Top >  美肌関連 >  フェイスリフトの手術法・・・スマス法とは

フェイスリフトの手術法・・・スマス法とは

フェイスリフトの手術法・・・「スマス法」。
これならば、皮膚を広範囲に剥離しないで済みます。
ですので、腫れも少なくてしっかりと固定でき、効果も高いといわれています。
しっかりとした手術が行われれば、リバウンドも少なく、リフティング効果は10年から半永久的といわれています。
フェイスリフトには、トータル・フェイスリフトとミニ・フェイスリフトがあります。
トータル・フェイスリフトは額・目元・頬・口元から下あごまで、顔全体のシワ・たるみを一気に取り除きます。
劇的な効果がある分、切開する範囲も広くなります。
トータル・フェイスリフトを行うまではいかないものの、目元から頬にかけてのたるみが気になる場合にお勧めなのがミニ・フェイスリフトです。
切開する範囲も狭くなり、局部麻酔での手術になります。
また、目尻のシワを改善するこめかみリフトはさらに簡単です。
この場合、手術の切開は頭皮から行うので、傷跡が見える心配もありません。

 <  前の記事 フェイスリフトの手術とは  |  トップページ  |  次の記事 フェイスリフトのメリットとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15920

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美肌 ~きれいな素肌を目指すために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。