Top >  美肌関連 >  日焼けとは

日焼けとは

少し前に「ガングロ」という言葉や、「日焼けサロン」が各地にできるほど、日に焼けることが流行したこともありました。
また、ファッションの一つとして日焼けをしたり、小麦色の肌を「健康的」と考える人も意外に多いようです。
適度な日光浴はビタミンDの合成に役立つため、以前は母子手帳にも赤ちゃんの日光浴を勧めていました。
しかし、最近ではオゾン層の破壊により紫外線も強くなったため、過度の紫外線を浴びることは皮膚がんなどの原因になることもいわれています。
また、美容の大敵であるしわ、たるみ、肌荒れの約80パーセントが過剰な紫外線を浴びることが原因といわれています。
では、肌が紫外線を浴びるとどのようなことが起こるのでしょう。
紫外線はまずメラニン色素や血液のヘモグロビンに吸収され、そこで熱が発生し、色素の周囲の細胞がやけどした状態になります。
次にヘモグロビンが発熱すると、皮膚の表面に酸素や栄養を供給している毛細血管もやけど状態になります。
これが、一般的に「日焼け」と言われるものです。

 <  前の記事 夜の洗顔とは  |  トップページ  |  次の記事 紫外線が肌に与える影響とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15896

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美肌 ~きれいな素肌を目指すために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。