Top >  美肌になるには >  タバコの副流煙が与える影響は

タバコの副流煙が与える影響は

たばこが美容によくない要因についてですが、タバコを吸うと活性酸素が増えその活性酸素は細胞内の不飽和脂肪酸と結びついて過酸化脂質(サビ)に変化します。
細胞膜が酸化してサビつくと、細胞が老化して、しみ、しわなどの皮膚の老化原因になります。
また、活性酸素はエラスチンを分解するえらスターゼを活性化してエラスチンを分解してしまうので、さらに肌のハリを失わせて、シワを作る要因ともなります。
最後に、一酸化炭素についてですが、タバコを吸うと体内に一酸化炭素が取り込まれ、血液中のへもグロビンが酸素ではなく一酸化炭素と結合してしまうことで、酸素不足になります。
酸素が供給されなくなると、血中の色素が奪われて、肌の色や口唇の色が悪くなります。
シミやくすみの他に肌の老化現象として挙げられるものに「たるみ」があります。
このたるみは美容外科手術の「フェイスリフト」により解消することも出来ますが喫煙者の場合、
必ずしも良い結果が得られるとは限らないのです。
血行不良が原因で皮膚が壊死に陥るリスクが高い為、喫煙者と非喫煙者とでは手術の方法や手術内容を変えることさえあるのです。
また、非喫煙者も気をつけなければならないことがあります。
それはタバコの副流煙です。
喫煙に制限のない場所、またヘビースモーカーの方がいる家など受動喫煙にさらされる時間が長ければ、最悪の場合、喫煙者以上にタバコの害を受けている可能性も否めません。
女性は自身の肌年齢の為にも、まわりの環境をよく吟味する必要があるといえるでしょう。

 <  前の記事 肌の老化と喫煙の関係とは  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15932

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美肌 ~きれいな素肌を目指すために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。