Top >  美肌になるには >  生き生きとした肌を維持するためには

生き生きとした肌を維持するためには

真皮は、コラーゲン繊維が網状に交叉する部位に弾性繊維がからんで、伸縮性を保ちながら固定して、ハリを保っているといわれています。
老化した皮膚では、この留め金の役目をしている弾性繊維も減少するため、深いしわを形成します。また、真皮間をうめているヒアルロン酸は、真皮の水分保持に重要な役割をもちますが、老化によってこのヒアルロン酸も減少するため、肌の弾力が乏しくなります。
皮下組織は脂肪がほとんどで、外圧から筋肉や骨を守るクッションの役割、それから体温を維持する役割を果たしています。
しわは、老化による水分の減少、かつ紫外線を受けやすい肌の構造の変化によって起こる現象です。
どんなにすぐれたスキンケアでも、残念ながら老化を防ぐことは出来ません。
しかし肌へのダメージを最小限にし、ターンオーバーという皮膚の自己再生機能を十分発揮できる環境づくりを整えることで生き生きとした肌を維持することが可能になってくるのです。

 <  前の記事 しわが出来る原因とは  |  トップページ  |  次の記事 皮膚の構造から見たフェイスケアとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15926

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美肌 ~きれいな素肌を目指すために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。