Top >  美肌になるには >  レーザー治療とは

レーザー治療とは

細かい時間にレーザー光の作動時間を区切って、照射時間をコントロールする機能や各種の波長の性質の異なるレーザーを臨床に応用しています。
これらを用いて、しみやそばかすを目立たなくする手術や処置をおこなっています。
最近では、クーリングデバイスといって局所をクーリングしながらレーザー照射することで皮膚内に起こる温度変化を用いて治療効果を高めるようなことも行われているのです。
レーザー治療にかかる時間は短いものでは数分で終了し、長くても30~40分で終わることが多いです。
レーザー治療を施行した後は、かさぶた程度の物が1週間ほど残るので治療された部位にガーゼと軟膏などのケアが必要です。
人によっては腫れを伴ったり赤味を伴う場合もあります。
シミは「治療できる病気」であり市販の美白化粧品で治すことは出来ません。
一般的な病気と同じく早期治療が大切なのです。

 <  前の記事 しみ・そばかすのための対策とは  |  トップページ  |  次の記事 フェイスリフトとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15906

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美肌 ~きれいな素肌を目指すために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。