Top >  美肌になるには >  しみ・そばかすのための対策とは

しみ・そばかすのための対策とは

しみ・そばかすのための対策として、「ケミカルピーリング」や「レーザー」があげられます。
「ケミカルピーリング」は皮膚の表面を酸で除去し、かさぶたが取れた後の新しい皮膚の再生を目的としています。
炎症は3ヶ月ほど続き、場合によっては何回もおこなう必要があります。
しかし、レーザーであればしみの種類にもよりますが、ほとんどの場合1回の治療で消えてしまいます。
最近では「ケミカルピーリング」よりも正確にコントロールしながら治療ができる、傷の回復が早いという点で「レーザー」のほうが人気が高まっています。
それではレーザー治療とはどのようなものでしょうか。
レーザーの種類を大別すると3つに分けられます。
1.メスの代わりになるような切開、2.皮膚を薄く剥がす3.赤アザや黒アザなど、色に特異的に反応するレーザー光の各種に大別されるのです。

 <  前の記事 コラーゲンの注入とボツリヌス毒素注入  |  トップページ  |  次の記事 レーザー治療とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15905

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美肌 ~きれいな素肌を目指すために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。