Top >  美肌になるには >  シミが出来る原因とは

シミが出来る原因とは

最近は美白ブームで、シミ、そばかすに効くサプリメントなどがたくさん発売されています。
しかし、一度できたしみやそばかすはなかなか消えないというのも事実です。
日ごろから紫外線を浴びないように気をつけておく必要があります。
シミの原因、メラニンは私たちの肌色をつくる要素の一つであり、紫外線から体を守る大切な役割をしています。
しかし、過度の紫外線を浴びることで、メラニンが過剰に生成され、シミ、そばかすとなって肌表面に現れます。
人の表皮は28日のターンオーバーと呼ばれる細胞のサイクルで生まれ変わります。
最も深い基底層で作られた細胞は皮膚の表面へ14日かけて押し上げられ、約14日皮膚を保護する角質層となってはがれていきます。
通常、メラニンを含んだ細胞は肌表面に押し上げられ、やがて剥がれ落ちていきます。
しかし、加齢や紫外線による皮膚の乾燥などによって肌のターンオーバーが停滞することによって古い角質がはがれにくくなり、シミとして残ることがあります。

 <  前の記事 紫外線が肌に与える影響とは  |  トップページ  |  次の記事 紫外線が皮膚に与える害とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15898

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美肌 ~きれいな素肌を目指すために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。