Top >  美肌対策 >  ケミカルピーリングに使用される酸とは

ケミカルピーリングに使用される酸とは

日本人の肌質に合ったケミカルピーリングに使われる酸は、主にAHA(アルファハイドロキシ酸)といわれるグリコール酸や乳酸、またはBHAの一種であるサリチル酸などです。
その人の使用目的に合わせて、浸透させる深さ・回数などを決めていきます。
浅ければ日生活に支障はありませんが、回数を重ねる必要があります。
また、肌に薄いかさぶたができる程度まで行うと、しみやしわが改善され、さらに深く浸透させることによって、しわの大幅な改善も期待できます。
施術方法や効果は個人によって差がありますが、基本的には1回の手術で済むとされています。
このケミカルピーリングという方法は準医療行為であります。
現在はエステティックサロンなどでも行われていますが、安全性を考慮するとやはり医療機関で受ける方がよりよいと思われます。
個人差が大きいことにより、万が一のことがあった場合にも医療機関のほうが、早く対処してもらうことができるためです。
自分の改善したい部分や、日常生活にどれくらい支障がでても構わないかなど、医師とよく話し合いながら進めていく必要があります。

 <  前の記事 ケミカルピーリングの副作用とは  |  トップページ  |  次の記事 ケミカルピーリングとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/8656

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美肌 ~きれいな素肌を目指すために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。