Top >  美肌対策 >  ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングとは

ケミカルピーリングは直訳をすると化学物質(ケミカル)を使って肌表面の古く汚れた角質を剥がず(ピール)という意味になります。
印象としては「一皮剥けた」といったイメージでしょうか。
ケミカルピーリングの目的はくすみやしわの治療、スキンケアです。
古い角質を除去することにより、しみやくすみがとれることは分かりますが、どうして、しわの治療
やスキンケアの効果もあるのでしょうか。
それは肌の再生機能を利用するからです。
ケミカルピーリングにより、ターンオーバーの滞った古い角質を除去するのに酸を使用しますが、このことにより、一時的に皮膚は炎症を起こした状態になります。
すると、肌は炎症部分を治そうとして、コラーゲンを増加させます。よって、肌の新陳代謝が活発になり、ターンオーバーの周期が正常に戻ることができ、結果的にキメ細やかなみずみずしい肌になるのです。

 <  前の記事 ケミカルピーリングに使用される酸とは  |  トップページ  |  次の記事 ケミカルピーリングの施術法とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/8655

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美肌 ~きれいな素肌を目指すために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。