Top >  美肌対策 >  ケミカルピーリングの副作用とは

ケミカルピーリングの副作用とは

前回、ケミカルピーリングの施術について説明しましたね。
ケミカルピーリングとは、通常はそれほど長い時間や回数を重ねなくてもできるのだということがお分かりいただけたのではないでしょうか?
ですが、このケミカルピーリングのは「副作用」もあります。
ケミカルピーリングの副作用としては、すりむいたように赤みが残り、ひどい場合に
は顔全体にかさぶたができてしまいます。
また、乾燥肌になりやすいというデメリットがあります。
よって日常生活に支障をきたす場合があります。
また、肌の弱い人にはなかなか勧められません。
そこで、薬品を使わないピーリング法というものもあります。
ダイヤモンドトーンといわれるプローブの先にダイヤモンドの細かい粒子を吹き付けた器具を使い、皮膚の角質を除去していく方法です。この方法であれば、薬品が肌に合わない方、肌が弱い方でもアレルギーなどの心配がなく、安全に行うことが可能です。
この方法で角質を除去した場合にはリン酸型アスコルビン酸を使用したイオン導入を併用すること
が勧められます。

 <  前の記事 イオン導入法とケミカルピーリングとは  |  トップページ  |  次の記事 ケミカルピーリングに使用される酸とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/8654

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美肌 ~きれいな素肌を目指すために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。