Top >  美肌対策 >  ターンオーバーとは

ターンオーバーとは

加齢は誰にも避けることが出来ず、中高年になるにつれ「しわ・たるみ」が徐々に現れ、皮膚の若々しさと機能性が失われていきます。
皮膚の構造やメカニズムを知っておくと、どのようにお肌をケアすればよいかが理論的にわかります。
なぜしわやたるみが出来るのか、その仕組みをきちんと理解し正しいスキンケアをすることがアンチエイジングにつながるのです。
皮膚は表皮、真皮、皮下組織(皮下脂肪)の三層構造になっていて、外側からのダメージをガードする役割を果たしています。
表皮はお肌が生まれ変わるところです。
表皮はさらに「角質層」・「顆粒層」・「有棘層」・「基底層」の4つの層からできていて、一番下の基底層から生まれた細胞が徐々に上へ押し上げられ、最後はフケやアカとなってはがれていきます。
この細胞の生まれ変わりをターンオーバーとよばれているのです。

 <  前の記事 フェイスリフトのデメリットとは  |  トップページ  |  次の記事 ターンオーバーのサイクルとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15923

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美肌 ~きれいな素肌を目指すために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。