Top >  美肌とは >  喫煙と美容

喫煙と美容

現在、日本人において、全体の喫煙率は減少してきています。
ですが、20代女性の喫煙率はむしろ増加する傾向にあるとされています。
この「喫煙」が肌年齢に影響を与えることが研究で明らかにされている一方、喫煙の肌に対する悪影響は、紫外線ほど認識されていないのが現状です。
たばこに含まれるニコチンは毛細血管を収縮させ、血のめぐりを悪くします。
燃える時にできる一酸化炭素は血液中のヘモグロビンと結びつき、酸素を運ぶのを妨げます。
たばこの煙は女性ホルモンの分泌を抑え、細胞を傷つけて老化を引き起こす活性酸素を発生させます。
活性酸素を抑えるのに有効なビタミンCはたばこによって破壊されてしまします。
女性ホルモンやビタミンCは新陳代謝や肌に弾力を与えているコラーゲンの生成にかかわっています。
たばこによって、コラーゲンの生成が抑えられてしまうと、表皮の角質層が荒れてきます。
結果、美容によくない影響がでてきます。

 <  前の記事 喫煙が肌に与える影響とは  |  トップページ  |  次の記事 肌の老化と喫煙の関係とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15930

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美肌 ~きれいな素肌を目指すために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。