Top >  美肌とは >  フェイスリフトのデメリットとは

フェイスリフトのデメリットとは

「フェイスリフト」のデメリットとしては術後に腫れや内出血があり、腫れがひくまでに2週間程度かかること、人によってはまれに強く腫れが出る場合があること、また激しいスポーツ・飲酒などはしばらく控える必要もあります。
フェイスリフトの術後の見た目の印象ですが、個人差はありますが目安としては10~15歳若く見られるくらいの若返りです。
起きている時の状態が、横になって仰向けで寝ているような状態に変わる感じであると理解しておくと良いでしょう。
フェイスリフトだけでは解消できない、目の上下まぶたのシワやたるみ・ひたいのシワの手術もあわせて行うとさらに若返り効果がアップするとされています。
「フェイスリフト」にかかる費用も決して安いものではありません。
また、術後のケアに何ヶ月もかかるため、手術後の日常生活にどのような影響があるか、理解しておく必要があります。
手術する施設や、その内容により費用も変わってきますので、十分に医師と話し合い納得した上で手術をすることが大切です。

 <  前の記事 フェイスリフトのメリットとは  |  トップページ  |  次の記事 ターンオーバーとは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15922

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美肌 ~きれいな素肌を目指すために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。