Top >  美肌とは >  話題のヒアルロン酸・セラミド・コラーゲンとは

話題のヒアルロン酸・セラミド・コラーゲンとは

最近では「ヒアルロン酸」や「セラミド」・「コラーゲン」などを配合した化粧品も多く出回っています。
それぞれどのような働きがあるか知って使うことで、肌をよりよく保つものとして効果を発揮します。
「ヒアルロン酸」は細胞と細胞の間に多く存在し、水分の保持やクッションのような役割で細胞を守っています。
皮膚では真皮に多く含まれ、水分を保持しています。
ヒアルロン酸の多く含まれた皮膚は、水分が十分保たれ皮膚の表面も潤っています。
しかし、ヒアルロン酸の少ない皮膚では水分が少ないので、肌の張りがなく皮膚も乾燥してきます。
しかし肌に塗ったからといって体内に吸収されることはなく、本質的な乾燥肌対策とはなりません。
注入などの方法で皮膚に直接導入してあげることで効果を発揮します。
「コラーゲン」は真皮に一番多く含まれています。
皮膚の本体である真皮では繊維状のコラーゲンが網目状に走り、それをエラスチンという弾力繊維が束ねて、肌の張りをもたらします。
この繊維状のコラーゲンが加齢とともにプチプチと切れ始めたり、劣化するとお肌の老化が始まります。
「セラミド」は肌の中で潤いを維持している成分です。

 <  前の記事 美肌への第一歩のために  |  トップページ  |  次の記事 アンチエイジングのためのスキンケア製品とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/15911

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美肌 ~きれいな素肌を目指すために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。