Top >  美肌とは >  イオン導入法とは

イオン導入法とは

イオン導入法とは、強いバリア機能を持つ皮膚に、微弱な電流を流すことにより水溶性の薬物を皮膚内に効果的に導入する方法です。マイナスの電極を顔の皮膚にあて、プラスの電極を手に持って電流を流すと、ビタミンC誘導体のような水に溶けるとマイナスに帯電するイオンが、皮膚に当てたマイナスの電極からの反発力によってビタミンを皮膚の深いところまで浸透させることができます。
浸透できるのは主に小さな分子量のものだけで、コラーゲンなどの大きな分子はこの方法では肌の中に入ることができません。
この方法は、単に外側からビタミンCを含んだクリームを塗るよりも数十倍のビタミンCを皮膚に浸透
することができるといわれています。
イオン導入法は注射器を使わずに皮膚にビタミンCをいれるというメリットがあるため、患者の負担を大きく減らし、副作用の心配の必要がない美容法であるのです。

 <  前の記事 ビタミンCとは  |  トップページ  |  次の記事 イオン導入器の電流の種類とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://adelint.com/mt/mt-tb.cgi/8650

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「美肌 ~きれいな素肌を目指すために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。